【海外不動産投資】ゼロから億の資産を築き上げる方法【スペシャル特典付き】

【海外不動産投資】 この不況下で何に投資をすればよいのか?

【海外不動産投資】チャーリー・タカの投資講座です。

 

2010年8月 1ドル85円台の円高になっています。
今は日本人にとっては、海外に資産を移動し、
投資の準備をするには格好のタイミングである。
そういえるのではないかと思うのです。

 

日本でサラリーを取っている日本人。
これから入ってくるお金も日本円なのです。
だからこそ、現在持っている資産。現預金。
これを日本円以外のものに換えておくことが重要なのです。

 

 

では具体的に、この不況下において何に投資をすればいいのか?
これを考えてみることにしましょう。

 

株式はどうでしょうか?
世界中の株式、これはまだまだ不安定な状況が続くでしょう。
中国やインドなどの新興国は、国自体が成長していますので、
落ち着きを取り戻していき、先々は大きく成長していくことは確実だと思います。
しかし株式投資をしだすと、毎日の株価の動きが気になり、
仕事に手がつかないということが往々にしてあります。
個人が投資を行うことは適しているとはとても思えません。

 

原油や商品取引はどうでしょうか?
自らの資産を守る。という観念からいえば、
個人が投資をするには規模が大きいものが多いです。
そして価格の上下の動きも早く、投資のつもりが投機になってしまう。
この恐れがありますね。

 

不動産取引はどうでしょうか?
不動産というものは永遠に下がり続けるようなことはありません。
どこかのタイミングで必ず市場は反転し、価格は上がっていきます。
そして人口が増加している国。若い世代が多く、
これから住宅需要が上がっていく国。所得が伸びている国。
住宅普及率がまだまだ低い国。
これらの国では必ず不動産価格は上がっていくのです。
しかし、金額の絶対額が大きい。この難点があります。

 

為替売買はどうでしょう?

 

詳細についてはこちらをご覧下さい。

 


外国為替暮らし