【海外不動産投資】ゼロから億の資産を築き上げる方法【スペシャル特典付き】

【海外不動産投資】インカムゲインとキャピタルゲイン

チャーリーです。

 

昨日の話ともつながりますが、私の現在の投資手法は、
幸せに生活できる安定した収入。
これに見合う金額が、安定して入ってくる形の投資を中心に行っています。
 もともとキャピタルゲイン狙いの投資が大多数占めていた投資を、
インカムゲイン狙いの投資に変えています。
 資産額を増やそうと思えば、
どうしてもキャピタルゲインを重視した投資になります。
しかし資産額の増加ということを気にしなければ、
インカムゲインを中心に考えた投資手法が正しいのです。

 

 

*キャピタルゲインとインカムゲインの違い

 

 キャピタルゲインとは値上がり益、売買差益のことを言います。
不動産投資の場合、買った金額よりも高く売却でき、
手数料を差し引いた差益の部分がキャピタルゲインとなります。
 そして株式取引や為替証拠金取引の場合も売買を行った差益部分が
キャピタルゲインとなります。
 それにたいしてインカムゲインとは、毎月の安定的に入ってくる家賃、
株式に対しての配当などです。

 

しかし残念なことに、私の場合、
あの2008年以降の金融危機では資産の見直しが間に合わなかったのです。
20億円以上の資金を本当の短期間で溶かしてしまいました。
(2009年に入り、不動産市況が回復したため、
ほとんどの目減り分は既に取り戻すこともできましたが(笑)。)

 

自らの持つ資産の中で、
今回の市場の暴落に全く影響を受けなかったものがいくつかありました。
タイやフィリピンで行っているインカムゲインを得るための不動産投資です。
目的がインカムゲインを得ることなので、物件価格の上下は関係ないのです。
毎月はいってくる家賃への影響。これはほとんど皆無だったのです。
この経験もあり、
今後の投資についてはキャピタルゲイン狙いの不動産投資をほとんどやめ、
インカムゲインを狙ったとした投資手法に集中することにしています。
これを決めたことで更にメリットもありました。投資や今後の生き方に対して、
気持ちがすごく軽くなったのです。

 

詳細についてはこちらをご覧下さい。

 


外国為替暮らし